So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

下肢静脈瘤手術体験⑦ [健康]

 抜糸当日の入浴は不可と言われたので、翌日に入浴。久しぶりの入浴です。入浴前にガーゼなどを自分ではがして、まじまじと自分の足を見ると、内出血で無残な様子。この内出血はそのうち消えるそうです。手術していない左足と比べると、若干むくんでいる感じです。
 今日からは、就寝時のストッキングはなし。久しぶりに生足で眠れます。
 明日から少し歩いてみることにします。
(続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤手術体験⑥ [健康]

 さて、いよいよ抜糸です。ストッキングをはきかえる際に毎日、足を見ていると、ふくらはぎの内出血が凄いことになっています。医師の説明では、手術で血管を抜いたため、一時的に内出血を起こしている、そうです。そのうちに引いてくるとの説明でした。確かに、日に日に黄色身を増してきて薄くなっているような気がしますが、本日の抜糸の日でもけっこう残っています。
 朝、病院に行って抜糸。本日は入浴は控え、明日の朝から入浴可能、と言われました。えーっ。今日から風呂に入ろうと思ったのに。弾性ストッキングは1ヶ月ははく必要があるようです。高かったので頑張ってはきます。下がるけど。
 その後、1ヵ月後の診察までの注意事項が説明。登山等の激しい運動不可。温泉・プールは感染の危険性があり、不可。とのこと。どうも年内はウォーキングをするしかないようです。ストレスがたまります。
 そういえば、同じ病院で診察した方で、1ヶ月登山できないのなら手術はやめる、といって手術しなかった人がいるとか。気持ち「少し」分かります。(次回に続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤手術体験⑤ [健康]

 弾性ソックスは下がってきます。女性ならストッキングをはきなれているのでわかるのでしょうが、男にはストッキングが下がるという発想がなかったので苦労しています。傷口にはまだパッドがあるため、無理に引き上げるとパッドがはがれてしまいます。注意しながら引き上げていましたが、最後にはどうでもよくなり、膝直上で止めたままにしてあります。
 医者からは、ガターベルトがあると勧められましたが、さすがに躊躇しています。ストッキングは術後一ヶ月ではかなくなるかもしれないので、しばらく様子を見ようと思います。
 あと、傷が治癒するにしたがって、かゆくなります。冬でもこうなので、夏は相当ではないでしょうか?真冬は電車などは暖房で暑くなり、またまたかゆいので、秋がいいかも。いずれにしても一週間のことなので我慢です。
 運動ができないので、かなりストレスがたまります。抜糸までは休日もおとなしくするようにいわれているので、やむなく読書三昧です。
(次回に続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤手術体験④ [健康]

 翌朝、病院へ行って、ガーゼを取り、傷口の消毒をしてもらいます。今後、自分で消毒をするときのために消毒のやり方も教わります。一応、一日おきに通院する予定ですが、仕事の都合でいつ来られなくなるかわからないので、まじめに聞きます。
 消毒の後、傷口の保護用のシールパッド(バンドエイドの大きいようなもの)を貼って完了。15分ほどでした。
 翌日は出張で消毒に来られないので、はがれたときのためにシールパッドを予備にもらって帰りました。
 その後出勤して仕事をしていると、太もものシールパッドが早くも剥がれ始めます。
 弾性ソックスが下がってきて、それに引っかかるようにはがれたようです。あわてて絆創膏で補強してその場をしのぎます。
 その日は、帰宅してから、剥がれた部分を貼りなおし、絆創膏であらかじめ補強しました。
 ちなみに、抜糸までは入浴もシャワーもだめ。洗髪と体を拭くぐらいです。トレッキング用のウエットタオルが役に立ちました。どうせ古かったので、使い切ります。
 弾性ソックスが蒸れるのと、風呂に入れないことから、手術は冬でよかったな、と感じました。
(次回に続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤手術体験③ [健康]

 表面麻酔をしてあるとはいうものの、局部麻酔の注射はチクチクと痛い。表皮を爪でキュっとつねられる痛みをかなり強くした感じです。静脈瘤の数が多いので、それが何箇所にも打たれます。麻酔は、歯医者の麻酔と同じものらしいのですが、そういえばどちらも痛い。しかし、麻酔が終わってしまえば、メスなどの痛みはまったく感じず、気を紛らそうと話をしてくれる看護師と雑談したりできます。
 痛いのは太ももの静脈を引き抜くとき。ワイヤーに引っ掛けて引き抜いているのだそうですが、もちろん私にはその場面は見えません。ただただ、太ももの皮が突っ張るような痛みがあるばかりです。
 ふくらはぎの静脈瘤の除去の痛さは、太ももほどではありませんが、そこそこ痛いです。私の除去箇所は多かったので、このような作業を何箇所も行って、1時間ほどで終了です。
 終了後は、傷口にたくさんのガーゼを当てて、その上から弾性ストッキングをはき、すぐに立ちます。麻酔が効いているので、痛くはありませんが、突っ張って歩きにくい感じです。手術台から降りて歩いてズボンをはき、15分ほど待合室で待ちます。その後、出血の程度を確認してもらって、大丈夫なら帰宅です。私は、自分で車を運転して帰りましたが、距離があるとそうはいかないでしょう。
 当日の費用は弾性ストッキング代金と合わせて3万5千円でした。
 もらった薬は、化膿止めの抗生剤と、痛み止めです。ほとんどの人は痛み止めをもらっても飲まないようですが、念のため、もらいました。
 その日は、安静に、ということですが、足にガーゼがいっぱい着いているので、安静するしかありません。とても出勤できるような格好ではなく、車を運転して帰宅し、読書に励みました。
 翌日、朝、消毒とガーゼをとるために再び来院です。(次回に続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤手術体験② [健康]

 手術が終わりました。日帰り手術です。ランニングや登山をすることから、再発しにくい治療方法としてストリッピング手術を選択しました。手術は、足の付け根から膝下までの長い静脈を抜き、ふくらはぎなどの静脈瘤は一つ一つ抜き取るという術式です。 
 さて、当日は12時すぎに病院へ。エコーで実際に手術する箇所を医師と一緒に決めていきます。決めていくといっても、とったほうがいいか悪いかよく分からないので「お任せします」という感じです。太ももの静脈の位置を確認し、ふくらはぎなどの静脈瘤をエコーを見ながら選択すると、合計で七箇所ほどになりました。これをすべて切開して血管を抜き取るという、聞くだけではいかにも痛そうです。
 手術箇所が決まったら、表面に麻酔をかけます。ジェルを塗るような感じです。その後、ラップをかけられ、しばし待機。この間に手洗いをすませました。私は、事前に毛を剃って行ったので、その時間が省け、事前の準備はこれだけ。おおむね30分で終了です。
 いよいよ、手術室へ。
 手術着に着替えますが、上半身は普通に着たまま。私は、ラガーシャツで行ったので、そのままの格好で、下だけ下着になりました。どのような格好でもいいと思いますが、その後消毒をするので、消毒楽で汚れてもいいような格好がいいと思います。私の場合は、まったく汚れませんでしたが。
 その後、いよいよ麻酔です。(次回へ続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤手術体験① [健康]

 とうとう下肢静脈瘤の除去手術を受けました。
 2年ほど前から、ふくらはぎの浮腫が悪化し始め、それに伴い足が疲れやすくなってきました。ひざが曲がりにくくなって、1時間ほどランニングするとストレッチをしなければなりません。原因がわからないままガンガン走ってきたのですが、この春、登山に行き4時間ほど歩いた下りで、足が動かなくなってつまづき滑落してしまいました。怪我はなかったのですが、これでは危ないと思い、とりあえず原因と思われる下肢静脈瘤の手術を受けることにしました。
 好転すればよいのですが・・・。
(次回へ続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー 端田晶 [読書]

 日本におけるビールの歴史がユーモラスに書かれています。もう少しクールなほうがよかった。
 私は、痛風予備軍なので今やビールはお付き合い程度しか飲みません。飲まないと、不思議とあまりおいしいと思わなくなってしまいました。
 特に、発泡酒や第3のビールとなると不自然な甘みがしたり、軽すぎたりと違和感が残るので、買ってまで飲もうとすることはほとんどありません。ビール類は下降の一途をたどっているようです。確かに酒場でビールは少し親父くさいかもしれませんね。ビールもジョッキではせいぜい1杯まで。私は中ビン派ですが、置いてある店が少ないのでやむなく大瓶か中ジョッキです。それもめったに飲まない。飲むとしても1本だけ飲んで後は別のもの。
 今や割高感があって、別においしいものがいっぱいありますから。ある意味、贅沢。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

鎌倉シャツ魂のものづくり 丸木伊参 [読書]

 高級シャツのメーカーであり、直販を行う鎌倉シャツの企業紹介本です。ビジネス本と言っていいと思います。
 このような本にありがちなのですが、企業の苦労や会社の風通しのよさの強調する内容です。
 読んでいて思ったのですが、やはり創業者・創業家のバイタリティー経営だなあと。2代目まではいいけれど、3代目からはうまく行くのかなあ、と感じました。鎌倉シャツを一枚も持っていない私が心配することはないのですが。
 毎日鎌倉シャツを着て出勤する身分になりたい・・・。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あなたも眠れない 山口恵以子 [読書]

 月下上海で松本清張賞を受賞した、山口恵以子さんの受賞後第1作です。新聞配達会社の食堂の職員であることで有名になった著者です。
 他人の眠りを妨げることによって自身が眠れるという、まるで他人の眠りを奪うような行動に出る主人公が、スキャンダルを求め銀座の高級クラブに会計として潜り込んで事件に遭遇します。
 ミステリーですが少しハードボイルドの香りもする作品であり、最後に淡いロマンスがあります。個人的にはロマンスはいらなかったかな。
 早速ですが、次の作品も期待します。でも食堂のおばちゃんは辞めないとのことなので、さほど多作にはならないのでしょうか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。